このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

サイトデザイン

わが国は、世界で最も恵まれた自然と四季を有しています。私たちの祖先はその恵まれた自然が与える万物に対して、神々が全てに宿ると信じてきました。 その信仰は、やがてわが国を代表する文化や精神の礎となり、現代でも人々の生活に深く根付いています。
当サイトでは、季節ごとの神事や恵まれた自然と食材、日本古来の文化や芸能などを素材として、「時候の挨拶」をコンセプトに構成しています。イメージ画像と配色は毎月8回入れ替わります。

謹賀新年
新春の候

1〜3日


獅子舞
頌春の候

4〜7日/行事


伊勢から始まった獅子舞は室町から江戸にかけて悪魔払いとして広まり、現在でも正月の風物詩として見ることができます。
丹頂鶴
甚寒の候

8〜11日/動物


丹頂鶴は釧路湿原を中心に生息し、優雅な舞を観ることができます。
つがいは30年程の一生を共に過ごします。
三十三間堂通し矢
小寒の候

12〜15日/行事


江戸時代に行われた「通し矢」にあやかり、全国から新成人や熟練の弓道者が三十三間堂に集まります。初春の風物詩です。
まつやま大寒能
寒中の候

16〜19日/神事


江戸勤番の松山藩士から伝わる「まつやま大寒能」が小雪が舞う静寂の中で上演されます。(山形県無形民族文化財)
飛騨白川郷
真冬の候

20〜23日/世界遺産


世界遺産「飛騨白川郷の合掌造り」は1月末から2月中旬にかけてライトアップされ幻想的な情景が広がります。
美人之画
朔風の候

24〜27日/芸術


ミス日本コンテストは日本を代表する美人の指標とし、美しい女性に栄誉と実益を与えようという願いを持って行われています。美人に対する意識は浮世絵にも多数残っています。
美人之画(勝川春扇作)
転載/国立国会図書館
勝川春扇(かつかわしゅんせん)は、江戸時代後期の浮世絵師で、美人画、役者絵、風景画を残しています。 特に美人画はなまめかしさが伝わる女性が表現されています。シーボルトが在日中に勝川春扇の美人画を収集していました。
東海道五十三次・蒲原(歌川広重)
降雪の候

28〜31日/芸術


東海道五十三次の傑作の1つです。蒲原宿は、現在の静岡県静岡市清水区(旧:蒲原町)です。
Copyright (C) 2009 Aisatukun com. All Rights Reserved.