このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。
 

はじめに

企業や組織の第一印象は宛名書きで決まります。

挨拶くんの挨拶状は「単に相手に届けばよい」という、お知らせ的な挨拶状とは異なります。
「相手へのご挨拶」という基本に返り、大切な相手への 「宛名書き」を重視することで、「相手を敬い大切にする」というイメージを伝えます。
このことが人と人、企業間の信用取引の継続につながっていきます。ぜひ、この機会に総務の方々のご判断にて、挨拶くんを利用いただき、御社のイメージ確立と相手との良好な関係へつなげていただきたいと思います。

挨拶状を受け取る相手が、自分への宛名に従来と違う「品の良さ」を感じた時、相手は送り主の企業に対して「礼儀正しい」といった好意的なイメージを漠然と抱き、お送りした挨拶状が粗末に扱われることはありません。

仮に、宛名シールや粗末な宛名の挨拶状と、ご自分の名前に品格がある挨拶状とでは、「どちらの会社とお付き合いしますか?」という問いと同じで、 たとえ「挨拶文」がいかに優れていても、粗末な宛名では「相手を軽視したご挨拶」となり、相手からも粗末に扱われ、会社の品格を下げてしまうことになります。

挨拶くんは、長い間、多くの社団・財団法人様、一般法人様からのご依頼により、内閣総理大臣をはじめ、国会議員、地方議員、著名人の方々宛ての招待状や各種挨拶状で、常に高い評価を頂いています。

  とくに、送り主が理事長、会長、代表取締役などの重要な役職の場合や、相手がお取引上の大切な方々の場合に「安心して任せられる」というお言葉を多く頂戴しております。 ※ ぜひ、完成サンプルを「宛名書き サンプル」からご確認ください。

宛名のご依頼方法は簡単です。名簿を専用フォームで作成する手間などは一切なく、お手元の名簿(エクセル)の氏名にスペース(苗字と名前の間)を入れてアップロードしていただくだけです。
後は、挨拶くんの解析ソフトが膨大な条件づけで1件づつを高速処理します。

挨拶くんの宛名書きは、外国人氏名などの英語表記の回転配置や社名やビル名などの英数記号の並列配置の他、美しさと品格を追究すべく「21個のこだわり」をもち、他に類のない希少な宛名生成プログラムです。

企業は常に、お客さま、協力会社さまなど、多くの人々とつながっています。
せっかくつながっている大切な関係をあえて粗末な宛名で自社の品格を下げることなく、この機会に挨拶くんをご利用いただければ幸いです。

Copyright (C) 2009 Aisatukun com. All Rights Reserved.